ヨガ初心者~中級者へ

ヨガの資格取得に関する情報サイトです。

中級者向けのヨガ

中級者向けのヨガ ヨガのポーズをとることに慣れてきたら、ステップアップしてみることをおすすめします。中級者向けのヨガのポーズとしては、上半身と下半身を床から離し、V字のような形をキープするというものがあります。左右の坐骨と尾骨の三点で体を支えるように意識します。この状態を保つためには、強い体幹が必要になります。最初はなかなか上手くいかないものですが、段階的に行う事によって、綺麗に形をつくることが出来るようになるでしょう。 次にY字バランスです。脚を横に大きく伸ばすため、バランスがとりにくいものですし、状態をキープするためにはバランス力が必要です。重心が外に逃げてしまわないように足の親指側で床を捉えるということを意識する必要があるでしょう。また、しっかりと体幹を意識することができないとお尻が後ろに出てしまうため、体をまっすぐに保つために腹筋に力を入れることも大切です。最初のうちはタオルを足の裏に引っ掛けるようにすることをおすすめします。

中級者向けのヨガにはどんなものがあるの?

中級者向けのヨガにはどんなものがあるの? 一言でヨガといっても、実は様々な種類があります。リラックス度が高く、初心者でも取り組みやすいものがあれば、全身を使ってしっかりと体を動かしていく中級者・上級者向けのヨガもあります。基本的な初心者向けのヨガに慣れてきて、もっと体を動かしたいと思ったら中級者向けのヨガに取り組むのが良いでしょう。具体的にどのようなポーズを取るのかというと、少し息が弾むくらいの、全身を使って行うものが多くなります。ある程度の柔軟性があることと、適度な筋力・体力がないとポーズを維持するのが難しいのが特徴です。そのため、ベーシックのポーズが無理なく行えることが前提条件となります。また、初心者クラスと比べるとポーズの種類や行う数もかなり増えてきます。これだけ聞くと大変そうに感じる方が多いかもしれませんが、初心者クラスに慣れてきて、もっと違うポーズに取り組みたい、より深めて継続していきたいと思っている方にはおすすめです。