ヨガ初心者~中級者へ

ヨガの資格取得に関する情報サイトです。

自宅での再レッスン

自宅での再レッスン ヨガを始めてみると、体が硬かったり思うようにポーズが出来なかったりと、予想以上に上手くいかないことも多いものです。初心者ではなおさら、時間が経てばせっかく習った呼吸法や姿勢も忘れやすいため、自宅でもう一度繰り返し練習することが欠かせません。少しずつ慣れてきてからもさらに上達したいと思った場合には、集中して自宅でレッスンを繰り返すことで次第に体が柔軟になり、筋肉も発達してヨガのポーズも完璧に近づけることができます。
いくら長く続けていても、ヨガをやらない期間ができたり正しいやり方で行わないと効果が出にくく、体も元の状態に戻ってしまうものです。せっかく身に付いてきたヨガの基本から応用まで、きちんと忘れずに習得するためにも、繰り返しレッスンする習慣をつけることが大切です。無理のない範囲で、適度に体や筋肉も休めながら、頭も体も忘れないよう自主的に練習をすることが上達への近道となります。続けることで出来ることも増え、より楽しみながら行うことができるようにもなります。

民間資格を取得することも

民間資格を取得することも ヨガインストラクターになるために国家資格などはなく、必須ではないものの民間資格を取得することはできます。資格取得を目指す際には2つのやり方があり、1つは養成スクールや認定校に通うこと、もう一つは通信講座での学びです。
学校では指導のやり方をメインに教えてくれますが、フィットネスクラブやスポーツジムの場合はヨガの楽しみ方や効果などを教えてくれます。将来的にプロとして活躍をするなら、指導方法を習得することのできる、養成コースなどを受講してライセンスを目指すことです。場所や時間に縛られた学習が難しいなら、通信講座を利用することができます。自分の都合に合わせた学習スタイルで知識を付けることができますが、プロを目標にするなら実践の場での学びも必要不可欠です。自宅学習をするのと共に、定期的にヨガスクールでも指導を受ける方が上達をします。養生学校ではコース終了により、何かの資格取得をすることができますから、インストラクターとしてヨガ教室にも就職をしやすいです。