ヨガ初心者~中級者へ

ヨガの資格取得に関する情報サイトです。

ヨガポーズ上級編

ヨガポーズ上級編 全身の筋肉トレーニングを手軽に行えるとして人気が高くなってきているのが、ヨガトレーニングを取り入れる方法です。専用のレッスン教室に通う方法もありますが、最近ではマットを自宅に敷いて、空いた時間を利用してトレーニングを行う方法です。

運動不足の方でも初心者向けのポーズからはじめて見ることによって、無理なく全身の鍛えたい部位をピンポイントで鍛えていくことができると言われています。ヨガは様々な流派があり、レベルに合わせて難度も難しくなっていきます。ヨガ上級編としては、立位の前後開脚ポーズなどが例に挙げられます。

これは股関節のストレッチとお腹の引き込みの二方向からストレッチを行うことができる特徴をもっています。この体勢は基本的に体が十分に柔らかい状態になっていることや、普段から股関節の柔軟におけるトレーニングを行っている場合のみ行うことをおすすめします。
また中級者の方は、日頃からダウンドッグを取り入れることにより、下半身の筋力を十分に鍛えることも重要となります。

上級者向けのヨガポーズで柔軟性を向上させる

上級者向けのヨガポーズで柔軟性を向上させる 肉体改造やデトックスやダイエットや体質改善などヨガはあらゆる効果効能が期待出来る運動ですが、柔軟性向上もその一つです。ヨガは続けるほどに体が柔らかくなりますし、可動域も広くなります。基本的な動作をこなせるようになり体が慣れてきたら、難易度が高い上級者向けの動作に挑戦してさらに柔軟性を向上させましょう。

上級者におすすめの動作としては、床にうつ伏せになり両膝を曲げた状態で両足首を持ち上体を反らせる弓のポーズ、床に仰向けに寝て両手をお尻の下に敷き頭と両肘で支えながら胸を突き出して背中を浮かせる魚のポーズ、両肘で両膝をしっかりと固定して両腕のみで体重を支えてバランスを保つカラスのポーズなどがあります。

これらは難易度が高く初心者や中級者が憧れるポーズですので、出来たら高い満足感や達成感が得られるでしょう。体が柔らかくなったり筋力がアップしたり可動域が広がったりするだけではなく、バランス感覚を養う効果も期待できます。